初春の花 〜マンサク〜

日本が原産で、主に本州の太平洋側から九州にかけて見ることが出来ます。
寒さが残る2月頃から、特徴のある黄色い花を咲かせます。
これから見頃をむかえる「マンサク」、名前の由来と花言葉をご紹介します。

|こんな花を咲かせます

葉が出る前に花が咲きます。
1,5cmほどの黄色いヒモ状の細い花弁が特徴です。
日本のマンサク以外に
◎シナマンサク:中国原産で、12月下旬ごろから黄色い花を咲かせます。花の芳香が強いのが特徴です。
◎アメリカマンサク:北米原産で、10月~11月ごろにマンサクに似た黄色い花を咲かせます。
これらと日本のマンサクを交配し、黄色以外にオレンジ、赤などの花を咲かせる園芸種が多くつくられています。

|魔法の杖?!

英語では北米原産のアメリカマンサクを「Witch hazel(魔女のハシバミ)」と言います。これは、欧米でマンサクの枝を「魔女の杖」の材料にしていたと言われていた事、またアメリカの先住民も、占い棒として使用していたことが由来です。

|意外な花言葉

マンサクの花言葉は「霊感」「直感」「神秘」「閃き」「魔力」「不思議」です。
以前、東北地方ではマンサクの咲き具合で作況を占っていたことや、魔女の杖に使われていたり、占い棒に使用されていたことから花言葉が付けられました。
「ひらめき」の花言葉は、ぱっとはじけたような花の形にちなむともいわれます。

|まとめ

漢字で「満作、万作」と書きます。これは山で一番早く咲くことから「まず咲く」が転訛したという説、豊年満作の祈願から命名されたという説などがあります。
寒さ厳しく春はまだまだ遠い気がしますが、初春にかけて花が咲く「マンサク」。もう春を告げる準備を始めています。

フリフリが愛らしいスイートピー

1月の誕生花とも言われている、フリフリの型が愛らしい「スイートピー」。

「優しい思い出」「門出」など、希望にあふれた花言葉をもっています。

|贈り物にしても可愛い!

出典:https://www.google.co.jp/search?q=スイートピー

見ているだけでも愛らしいフリフリの花姿です。一番人気のある、柔らかなパステルのピンク色のスイートピーを使って、大切な方の誕生日のお祝いなどのプレゼントにしてみてはいかがでしょうか。花束にしても、アレンジにしても可愛く仕上がります。

|特徴

出典:https://www.google.co.jp/search?q=スイートピ

スイートピー は、マメ科レンリソウ属の植物。和名では、ジャコウエンドウやカオリエンドウ、ジャコウレンリソウなどと呼ばれています。

スイートピーはイタリア・シチリア島原産のつる性の一年草または宿根草で、巻きひげで絡みながら伸びていきます。

|育ててみましょう~~

出典:https://www.google.co.jp/search?q=スイートピー

10月中~下旬に種をまくようにします。種皮が硬いので、一晩吸水させてからまくと発芽率も上がります。。
移植時に根を傷めると花がつかないので、直まきがおすすめですが、まく場所が空いていない場合は、ポットにまいて育苗します。

|まとめ

スイートピーの「スイート」は香りのよさを意味しています。甘い香りのかわいらしい花で、ピンクや水色、赤、紫、白など、花色の豊富さも人気の理由の1つになっています。

ヘリクリサム【リースやアレンジ素材として】

別名を「帝王貝細工」といいます。花びらが薄い貝のような硬さをしていることが由来です。また乾燥した「麦わら」のような感じがすることから、麦わらで作られた菊という意味の「ムギワラギク」とも呼ばれています。
硬くカサカサとした独特の花弁が特徴のヘリクリサム、生でもドライでも変わらない美しさが魅力です。

|光沢のある花

花びらに見える部分は、がくが変化した「総苞片」です。総苞片にはガラス質の一種の「ケイ酸」が含まれ、さらに水分が少ないためキラキラとした金属のような光沢があります。
開花時期は6〜10月ごろ。花色は黄色、オレンジ、白、赤、ピンクなどがあります。
花言葉:「不滅の愛」「いつまでも続く喜び」「永遠の思い出」

|ドライにしても変わらない花色

八分咲き頃に収穫し、逆さまに吊るしておくと簡単にドライフラワーになります。もとから水分が少ないため、ドライにしても質感や発色はそのまま。
花言葉も、その姿から付けられています。

|カラフルブーケ

とにかくカラフルで明るいブーケの出来上がり!
生花が少なく高価になる冬には嬉しいドライフラワー、長い移動時間でも安心、小さなお子様へのプレゼントにもオススメです。

|まとめ

ドライフラワー初心者に最適な「ヘリクリサム」。
失敗が少なく、茎が丈夫なので扱いやすいのも嬉しい特徴です。花色の種類も豊富なので、好みの色合いでアレンジを楽しんでみてはいかがでしょう。

発表会まっぷではドライフラワーやプリザーブドフラワーを使ったオブジェを販売しています。プレゼントに大好評です。
エチェリ×hapmapフラワーギフト

ドライになっても色褪せない、スターチス

生花なのに、触れると花も葉も茎もカサカサした感じのスターチス。このようにドライな質感はケイ酸質を含んでいるためで、乾燥させても、花は散ったり色あせしないで、そのままの姿を保ちます。これがスターチスの最大の特徴です。

|スターチスの花言葉

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/

花言葉は、いつまでも変わらない色、形のこの花にぴったりです。変わらぬ心、永遠に変わらない、などがあります。

淡紫のスターチスの花言葉は「上品」。青紫のスターチスの花言葉は「知識」。と高貴な印象の花言葉があります。

|スターチスの種類

出典:http://photozou.jp/photo/show/2175169/123610733

スターチスの野生種は砂漠や荒れ地に自生していますが、園芸種をふくめると世界で約150品種が存在しています。花色は青やピンク、黄色、白、紫、赤などがあり、中の花が白ではなく、黄色や青の品種もあり、花の大きさにもバリエーションがあるのでコーディネートするのに使いやすく、またスターチスの花言葉や色が長持ちすることからも花束などでプレゼントしやすい花です。

|スターチスの花束

スターチス

スターチスは茎が大きく広がり、花(萼)数も多いので花束にボリュームが出しやすく、存在感のある脇役としてコーディネートしたり、気軽に日常家庭で楽しんだり、仏花としても重宝されています。1本の草姿はかなりひろがっているので、花の向きを考えていくつかに分けて束ねるとまとまりやすいです。

|まとめ

花はカサカサしていて含んでいる水分が少ないため、初心者でも簡単にドライフラワーをつくることができます。花瓶にいれてしばらく花を楽しんだら、スターチスを束ねて花を下向きに風通しのよい室内に吊るすなどして飾って楽しんでみてはいかがでしょう。