カテゴリー別アーカイブ: 小学校

【プレゼント編】ジャージ色の花束☆30代女性

6d9bd92226e4300d9205296a1c3a14fd_s小学生5年生と6年生の2年間の猛練習の結晶となる、合唱隊の発表大会。地区大会を勝ち抜き、市大会も勝ち抜き、県大会で敗退。残念ながら目標にしていた全国大会には出られませんでしたが、いつもは厳しく怖い、通称鬼先生がよくやったと言ってくださり泣いていました。その後、卒業する前に合唱隊の解散式があり、そこで皆で考え購入し渡したものです。薄い紫のトルコキキョウを中心にかすみ草を散りばめ、全体的に淡い色合いにした大きな花束。先生が音楽室でいつも着ていたジャージの色でした。先生は大変喜んでくださり発表会の時より更に号泣。あだ名が鬼先生から泣き虫先生になりました。

緊張を知らなかった頃に★30代女性★読書

060424私の小学校では毎年、選ばれた生徒2,3人が3組か4組になって、全校生徒の前で選んだ本の内容をそれぞれ暗記して発表するという「読書発表会」がありました。当時は全く緊張しなかった子供なので、自分の分も完璧に暗記しつつ、内容を忘れて固まった隣の子に、その部分を小声で教えたこともありました。今は事あるごとに緊張しまくりなので、あの頃の大胆な自分を取り戻したいです(笑)。

あの経験が今につながる★30代男性★小太鼓

038792小学5年生の時に音楽発表会で小太鼓を叩いたけど、この時、打楽器は初めてでした。宇宙戦艦ヤマトと、となりのトトロを、演奏したのですが、楽譜があったわけでもなく、聞きコピと、あとは、何と無くのニュアンスでたたいていました。とても、楽しく、自由に合わせて演奏出来たのが、良い体験でした。その結果、今でもバンドを組みドラマーをやっています。

スイミーで大役★30代女性★劇

22007小学校の発表会で、2年生の時にスイミーの劇を発表しました。私はスイミーのお母さん役だったのですが、覚えるセリフが多くて、とても大変でした。スイミーのお母さん役は出番が多かったので、ステージの前の方にいなければならず、とても緊張した記憶があります。皆をまとめなければいけない大切な役目だったので、一生懸命演じました。